ロゴ

看護系にも小論文は必要です!出題されるテーマなどを確認しよう

看護系小論文の書き方

教材

看護系小論文の特徴を見る

看護の学校に受験する際や看護師になるための試験として、小論文はよく課題に出されています。他の小論文とは段落や構成などが異なっているので、書くのが難しいと言われています。また、看護系小論文の特徴として、出題されるテーマや題材が明確に決められていません。そのため、看護系小論文を書く際は、しっかりとした対策が必要になります。

まずはルールを把握しよう

看護系の小論文を書き始める際に、まずは基本的なルールを理解しておくことが大事です。気を付けてほしいポイントに一人称があります。小論文は必ず主語を私にする必要がありますよ。その他にも語尾を統一させるルールなどもあります。このように、色々あるルールをしっかりと守って書いていきましょう。

特に出題されるテーマ

出題されるテーマや題材が明確に決められていないとありますが、基本的に2つの出題形式があるので、それをしっかりと確認することをおすすめします。まず、課題文・資料分析型があります。これは課題文や資料を見て、自分の考えなどを伝えるものです。地祇に課題作文型があり、指定されたテーマに対して意見などを書いていくものになります。この2つの出題形式をどちらも書けるようになると良いですよ。

テーマがそれていないか注意

看護系の小論文だけではなくすべての小論文でも言えることですが、書いている内容がちゃんとテーマに沿っているのかを常に意識することが重要です。特に看護系の小論文だと命に関するテーマなども出題されるので、このようなテーマでもちゃんと論理的に文章を書くことが大事になりますよ。

段落構成

看護系の小論文は文字数が800文字と決められていることが多いです。この800文字の中でしっかりとした段落構成を行なう必要がありますよ。ですが、看護系の小論文では段落構成がある程度決まっているので、「序論→本論(1)→本論(2)→結論」の順番を参考にしていくと良いでしょう。

自分の思考を深めよう

普段は「なんとなく」で考えを終わらせていることを「なぜそう思うのか」など「なぜ」の部分を意識することで、自分の思考が深まっていくでしょう。看護系の小論文は学科試験と同様に重要です。しかし、対策をすれば力は確実につくので日頃から意識することが大切ですよ。

広告募集中