小論文対策.net

看護系にも小論文は必要です!出題されるテーマなどを確認しよう

看護系小論文の書き方

教材

看護系小論文の特徴とは

看護系の小論文には特に「性格な事実認識とその伝達能力」が求められており、一般の小論文とは異なっています。看護職は、職務上受け持ちの患者さんの容態や治療の経過を正確に把握して、勤務交代の際に伝達する義務と責任を負います。つまりは迅速で適切な判断力と誰にでも理解することが出来る表現が求められるのが特徴でしょう。

医療への関心を測るテーマ

看護系小論文には色々な問い方があるので、まずは出題パターンを把握すると良いでしょう。1つが医療への関心を測るテーマとなります。看護医療系には資格取得、キャリアアップ、仕事への苦労がつきものなので、それに耐えられるだけの医療への関心や強い思いがあるかを確認するのが、出題の目的となります。医療関係のテーマは対策が難しいイメージがありますが、分かりやすい対策本などがあるので攻めやすい分野でもあります。1本でも多く、頻出テーマを扱った小論文を書いていくと良いでしょう。

数値力を測るテーマ

看護系の資格取得やキャリアップ、医療現場では数値を扱うことが必然的に多くなります。看護系には医師や薬剤師を除いて文系の人も多いですが、数字に対する苦手意識が少ないことを確認するのが、この出題の目的となります。グラフや図表を使用した問題は、よく見かける課題文の代わりにグラフなどが登場するだけなので、ひるむ必要はありません。実際に多くのグラフの小論文を書く練習をすれば慣れてくるので、一刻も早く対策をスタートするのがポイントです。

地頭を測るテーマ

看護系の小論文には、看護や医療分野以外からの出題も目立ちます。それは主に国家資格取得やスキルアップに必要な国語力や読解力を測ったり、社会・文化への関心と知識を確認したりするためです。基礎学力や地頭を測るテーマの対策として、新聞やニュースを見て社会・文化への関心と知識を広げることと、色々な出題例を解いておくことが重要でしょう。

小論文の力を伸ばすために

小論文の書き方のポイントはいくつかありますが、特に重要視されているのが「思考力の深さ」と「知識」になります。この2つはすぐに身につけたくても難しいでしょう。そこで有効なのが理由と根拠をこじつけるトレーニングになります。これは常日頃の自分の言動や他人の限度に、理由と根拠を無理やりこじつけるトレーニング法です。これを意識的に行っていると、色々と考える力などが備わるでしょう。

自分の思考を深めよう

普段は「なんとなく」で考えを終わらせていることを「なぜそう思うのか」など「なぜ」の部分を意識することで、自分の思考が深まっていくでしょう。看護系の小論文は学科試験と同様に重要です。しかし、対策をすれば力は確実につくので日頃から意識することが大切ですよ。

広告募集中