小論文対策.net

やっておきたい対策法

作文用紙

まずは書き方を知る

小論文は自分の意思を説明する教科となっているので、最初から完璧に書ける人はいません。小論文にはちゃんと対策をしておけば必勝法を知ることが出来ます。そのため、まずは小論文の書き方について詳しく知ることが大事でしょう。小論文の書き方を知るためには参考書を読んだり、予備校に通う方法などがあります。

知識を仕入れる

書き方を理解した上で、知識がある状態に持っていきましょう。テーマについての背後知識がないと意味がありません。テーマそのものの知識だけでは不十分となります。頻出するテーマに対する答えは参考書などを読んだらある程度書いてありますが、自分がどう思うのかを論じるのが小論文の基本です。そのため、テーマに関する背後知識まで身に付けていきましょう。

積極的に添削を受ける

せっかく書いた小論文は第三者に添削を受けないと全く意味がありません。質の高い添削を受けるためにも自分の状況に応じた独自のカリキュラムを組んでもらい、継続的に段階を追ったアドバイスを得る環境が必要になります。また、添削が済んだらそこで終了ではなくて、必ず書き直しましょう。もらったアドバイスを意識して、再度書き上げると色々な知識や技術を身に付けることが出来ます。

志望校の過去問題を研究する

小論文の対策ばかりではなくて、ちゃんと志望校の過去問題の研究を行なうことも重要になります。主に下記の点に注目してみると良いでしょう。

・テーマ設計型、疑問文型、長文、グラフのどのタイプか
・制限字数や制限時間はどのくらいあるか
・出題傾向にどのような特徴があるか

上記の点をチェックして志望校の過去問題を研究すると、今後の小論文対策に活かすことが出来ますよ。

近年のニュースや事件をチェックする

特にテーマ設定型を課題にする学校では、マスコミが大きく取り上げたニュースをはじめ、政治や経済、労働、文化、外交、自然災害などに関連した話題や現代社会を動かしたニュースや事件がテーマになることも珍しくありません。そのため、日頃から色々なニュースや事件などをチェックしておくことが小論文対策として大切ですよ。

広告募集中